MacBook AirにVirtual Boxをインストール

もじゃです。OSをYosemiteにしたらVMWare上のWindows8.1が使えなくなりました。

背景

普段はMacBook Airを使っているのですが、開発や検証用にWindowsやLinuxを使うことがあり、仮想化アプリとしてVMWare Fusionを利用していました。

衝動買いしたTimeCapsuleにデータやOSのバックアップを取得したことをきっかけに、MacBook AirをOS X Yosemiteにアップデートしたら、困ったことにWindows 8.1が起動しなくなってしまいました。

もともとVirtual BOXからVMWare Fusionに乗り換えたのに、またVirtual BOXに戻すことにしました。TimeCapsuleを衝動買いしてお金がなくなったから・・・という訳では有りません(`・ω・´)キリッ

ってことでまずはVirtual Boxをインストールすることにしました。

Virtual Boxのインストール

(1)Oracle社のHPよりVirtual Boxをダウンロード

150506-0006

(2)ディスクイメージの中にあるアイコンをダブルクリック
150506-0007

(3)下記画面で[続ける]をクリック
150506-0008

(4)ダイアログに従って[インストール]をクリック
150506-0009

(5)インストールされるまでしばらく待つ(数秒間)
150506-0010

(6)下記画面が表示されたら完了。[閉じる]をクリックする。
150506-0011

あっけない位に簡単です。次はVMWareからVirtual BoxへゲストOS(Windows8.1)を移行したいと思います。

スポンサーリンク
モバイル兼用
モバイル兼用
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
モバイル兼用

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA